住宅ローンを知ろう

日本ではほとんどの人が住宅ローンを利用して家を購入しています。家の価格は色々ですが、数万円で購入できるものではなく、数百万円~数千万円します。中には1億円を超える家もあり、そのようなお金を貯金できている人は、ほとんどいないといっても過言ではありません。そのため、ほとんどの人が住宅ローンを利用して家を購入するわけです。

住宅ローンは様々な金融機関が行っていますが、一番利用されているのが住宅金融支援機構です。住宅金融支援機構は、元々は国が国民の住宅取得のために作った金融機関で、用途が住宅の購入に限り、低い金利で融資を受けることができます。
以前は、必ず連帯保証人が必要でしたが、現在は保証会社を利用するのが一般的になっています。

また、住宅金融支援機構以外にも財形貯蓄をしている人が利用できる住宅ローンや、企業が社員に融資する社内住宅融資、生命保険を担保とする生命保険会社の住宅ローンなど、日本では様々な住宅ローンが取り扱われています。

特に、最近注目されているのが、アメリカで盛んに行われているモーゲージローンです。日本でも2001年から登場していますが、モーゲージローンとは、住宅ローンの貸付を債券化したものです。借主にとってリスクが少ない住宅ローンで、2003年には住宅金融支援機構でも取扱いを開始しています。